飼い主に置き去りにされた猫たちをレスキューしました。現在12匹の幸せさがし中!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『見守る』ということ。
2015年02月01日 (日) | 編集 |

カプに異変があったのは、
夏の終わりからでした。


カプとクマちゃんは
体格差が殆どありませんでした。



(左:カプ 右:クマ)


なのに、
その頃からカプが小さく、
クマちゃんが大きく感じるようになりました。

カプが痩せたのか、
クマちゃんが太ったのか…。

カプは元々食の細い子で、
しかもドライしか食べません。
ドライフードは大皿に
まとめて出しているので、
誰がどれくらい食べているのかは
把握できていませんでした。


ある日、カプを抱いていると、
手に骨のゴツゴツ感が
伝わってくるのが気になりました。


あれ?
やっぱり痩せたよね?


いつも通り肩に乗ってきて
甘えてきてくれるけど、
何だかフラついているような
気もしました。


保護主隊長のAさんに連絡すると、
すぐに病院に連れて行って下さいました。


何故そうなったのか、
原因不明でした。




その日から
カプの闘病生活が始まりました。


投薬はもちろん、
強制給餌をする必要もありました。

これが大変でした。

口内炎でもできていたのか、
ただ食べたくなかっただけなのか。
なかなか口を開けてくれません。

お薬も苦い物だったので、
飲ませるのがひと苦労でした。


それに、私たちお世話係りも、
1日ゆっくりと
仲間たちと過ごせる者もいれば、
仕事や予定の合間を縫って
来てくれている人もいます。

きっちり食事を与えたり、
投薬するのが難しい問題もありました。

そういう事情もあって、
お医者様から入院を
すすめられたのですが、
慣れない環境で
アレコレと処置を受けるよりも、
いつもの環境で
大好きな仲間たちと
いつものようにのんびり過ごす方が
よっぽど良いのではないかと、
Aさんが決断してくれました。

これは、
なかなか出来ることではないと思います。



(左上から時計回りに カプ→キー→クマ)


飼い主は、
可愛い我が子が苦しんでいる時、
アレコレと手を出したくなるものです。

弱っている我が子の姿を見るのが
居た堪れないのと、
良くなるかもしれない
可能性があるのなら、
それにすがりたくなりますから。


『見守る』ということは、
簡単そうに思えて
実はとても難しいことです。



Aさんの願いが通じたのか、
カプは少しずつ少しずつ、
元気を取り戻してくれていました。


最後に元気そうな姿を見られたことや
苦しまずに旅立てたことを考えても、
無理な治療や負担を掛けないことを
優先してくれたAさんの判断は、
カプにとって良かったのだと思います。

Aさん、
カプに代わって
ありがとうございます。





昨年の夏に
ピースが逝ってしまった時は、
突然だったので、
受け入れるのに時間がかかりました。
哀しみが後を引くというか、
暫く経ってからの方が
哀しみが深くなりました。


ですが、カプの場合は
この日が来ることを
心の何処かで覚悟していました。
奇跡も期待していましたが。

なので、
冷静に受け止められているのですが、
その分、哀しみの底に沈んでしまうのも
早かったです。

頑張っていた姿を見ていたので、
余計かも知れませんね。





(右側の黒猫さんが カプ)


カプ、
無事に天国に着いたかなぁ。。。

ピースやミリーちゃんと
ちゃんと合流できたかなぁ。。。

あの子、好奇心旺盛やから
どっかで寄り道してるんと
ちゃうやろか?


遠い空の彼方に想いを馳せると、
3匹が楽しそうに
じゃれ合っている様子が
目に浮かびます。





神様、カプと出逢わせてくれて
ありがとうございました。

3匹のこと、
よろしくお願いしますね。







にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
カプちゃんはとっても幸せな猫生を送ったと思います。
大好きな仲間たちと最後まで一緒に居れたし・・・
お世話をしてくれる大好きな人達とも楽しい時間を過ごせたし。
美味しいゴハンとオヤツも食べられたしww
そんじゃ、行ってきまーす・・・って感じで虹の橋に向かって走りだしたんじゃないかなww
2015/02/01(日) 17:34:59 | URL | カニバケツ #-[ 編集]
Re:
優しいお言葉をありがとうございます。
家族は見つけてあげられなかったけど、
保護部屋での生活を楽しんで貰えてたなら
いいかなぁと思います。
2015/02/07(土) 02:25:33 | URL | おおさか26匹猫レスキュー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。