飼い主に置き去りにされた猫たちをレスキューしました。現在12匹の幸せさがし中!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリーのこと
2013年11月25日 (月) | 編集 |
ミリーは、白黒はちわれの小さな女の子でした。


初めて会ったとき、小さくて細くて、

おおさか26匹猫レスキュー
目だけが大きくて。

子猫だと思っていました。

病院でよく診てもらったら、歯の状態が悪くて
もしかしたら、かなり年齢が上の可能性もあると
言われたそうです。



彼女もやはり、風邪の症状がひどくて、

小さなミリーと、足の不自由なミロクのことを知った
中之島猫の部屋 月曜日のお当番のYさんが

「ミリーちゃんとミロクちゃん を一時預かりします!!」と
申し出てくれました。

当時、保護猫たちの世話は、
保護主である司令塔Aさんが、
ほとんど一人でしていたので、

とても助かったのだそうです。


残念なことに、Yさんのお家の先住猫さんが
拒否反応を示し、大きなストレスになったため

ミリーとミロクは、保護部屋へ戻ってきました。

彼女たちは、つやつやになっていて、
短い間でしたが、とても大事にされていたのだと
感じました。

おおさか26匹猫レスキュー

おおさか26匹猫レスキュー


ミリーは大人しい仔でした。

他の子たちのように、遊んだり
積極的に甘えに来ることもありませんでした。



おおさか26匹猫レスキュー

ただ撫でると、ゴロゴロゴロゴロ。
本当は甘えるのが大好きだったのだと思います。

おおさか26匹猫レスキュー


他の子たちが、だんだんふっくらして来ているのに、
彼女だけは、細くて、小さいまま。

まるで時間が止まったかのように、
彼女だけは、子猫みたいでした。


おおさか26匹猫レスキュー

夏になり、食欲はあるのに、
痩せてきているように感じられ、

「近々、ミリーを病院に連れて行くから。」と
Aさんから連絡をもらった、そんな矢先

全くご飯を食べなくなり

病院へ搬送。即、入院。

かなり内臓の数値が悪くなっていました。


病院へ見舞いに行くと、
黄疸も出て、ぐったりしているのに、

撫でると、ゴロゴロゴロゴロ。

しんどいのに、必死に甘えに来てくれました。


Aさんは、声も出さず、ただ、泣いていました。


病院にいても、これ以上処置のしようがないから、
そばにいてやりたいからと、

Aさんは、ミリーを自宅へ連れ帰りました。

おおさか26匹猫レスキュー


それからまもなく、7月17日の早朝に、
ミリーはAさんに看取られて、
旅立ちました。


彼女を送る時には、Yさんも駆けつけてくれました。


彼女が具合が悪くなる少し前、お世話係の美々さんが
「マックがミリーに寄り添うようにしていたよ」と
話してくれました。

私も、ポジがミリーに寄り添っていたのを見ました。

暑いのに仲がいいなあと思っていましたが、

たぶん、もう、具合が悪くなりつつあったミリーを
みんなでいたわっていたのだと、今ならわかります。

彼らは、劣悪な環境の中で、寄り添うように生きてきたんだと。


仲間たちが、もう餓えることも、不衛生な環境で生活することもないのだと、

それを見守って、彼女は旅立ったのかなと、思いたいです。


小さなミリー
かわいいミリー



ありがとね。大好きだよ。また会おうね。
おおさか26匹猫レスキュー





にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お疲れさまです

ミリーのお話をブログに書くのは、
とてもつらいことだったでしょう・・・

彼女の猫生に関わった人たちにとって、
書くことも読むことも、身を切られるような思いだったはず・・・

私もいつも同じです
だから気持ちわかります

ただ、ミリーがこの世にいたことを、
最期まで一生懸命に生きたことを、
短い間だったけど、心から彼女を思う人たちに愛されていたことを、
ここに、こうして残してもらえて良かったと思います。

本当にお疲れさまでした
私もミリーのこと忘れません

2013/11/26(火) 13:24:59 | URL | 中之島タキシード #-[ 編集]
とても暑い水曜日の朝でした。
金曜日のYさんが保護部屋にレスキュー猫たちのお世話に行かれる前・・・
所用で中之島に立ち寄られた時に聞いたのを思い出しました。
やっと苦しい場所から抜け出して、これから楽しい生活が始まるはずだった・・・
とても悔しかった、今思い出しても残念な思いは尽きません。
今新たに、ミリーちゃんのご冥福をお祈りいたします。
2013/11/26(火) 15:22:13 | URL | カニバケツ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
中之島タキシードさま

ありがとうございます!

今回この記事を書くことは、
ミリーを看取ったAさんに辛いことを思い出させてしまうので、
とても悩んだのですが、

どうしても、あの小さな体のままで、
生き続け、がんばったミリーのことを、
書くことで残したかったのです。

それが彼女の供養になるような気がしました。

いつも中之島タキシードさんが、
旅立った猫の部屋の仲間たちのことを
書くことが、どれほど大変か、

少しだけ分かった気がします。

ありがとうございました。
2013/11/26(火) 19:19:43 | URL | おおさか26匹猫レスキュー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
カニバケツさん

ありがとうございます!

あの時、本当に暑かったですね。。。
カニバケツさんにお会いして、
暑さとそして悲しくて頭がぼーっとしていた
のを覚えています。

ミリーのことを思ってくださってありがとうございます。
覚えていてくださることが、供養になる気がします。
2013/11/26(火) 19:26:51 | URL | おおさか26匹猫レスキュー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。